40年後も50年後も、大切な資産の価値を下げる事なく、存続させる。
それが弊社の改修コンセプトです。
現地調査報告書作成・改修提案書・施工計画書・御見積書は
全て無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

防水・外壁塗装工事

 

■長い間、紫外線・風雨にさらされた建物は、塗装の劣化やひび割れによる雨水の侵入、鉄部の酸化による腐食など、様々な形で劣化が進行しています。
建物の状態を良く確認した上で、適切な処置の方法を提案させて頂きます。

 

■使用材料、塗料の希釈率で塗膜の寿命は大きく変わります。弊社では、弊社では使用した材料の空き缶は全て撮影して施工完了報告書と一緒に提出させて頂いております。また、施工後はアフターサービス計画書もを提出させて頂きます。

 

 

 

立体駐車場・駐輪場塗装工事

 
   
■鉄部はコンクリート面に比べて劣化の進行が早い部位ですが、6〜10年毎に再塗装を施せば劣化の進行を格段に遅らす事が出来ます。可動式駐車場などは設備の交換費用が高いので短い期間での再塗装をお奨め致します。 *鉄扉等はステンレス製に交換した方が良い場合もございます。

その他塗装工事

 
  ■ベンチなど木部の塗装は1〜2年毎でメンテナンスすると、長持ちします。
■ごみ置き場の土間は防汚・防滑塗料をお奨め致します。コンクリート仕上げに比べて、シミが着きにくくなりキレイにご使用頂けます。
 

高圧洗浄工事

 
■高圧で水を吹き付けて長年の汚れを除去します。定期的に施す事で、いつまでも建築当時の美しさを保てます。
 

水道直結工事

 
 
■直結給水に切り替えましょう
マンションなど集合住宅の給水方式は一度水槽に貯めて各戸に給水する貯水槽方式しか許可されていませんでしたが 現在では、直接各戸に給水する事が可能です。(*建築形態によっては不可能な場合もございます。)
■メリット・デメリット
水道本管からの水が直接、各家庭の蛇口まで給水されるので、常に安全な水が得られます。また、今まで掛っていた貯水槽の維持管理費が不要になります。 ただ、水を貯めないので災害時、緊急時に断水となった場合は各家庭も同時に断水になります。
■貯水槽スペースを有効活用
貯水槽スペースは駐輪場や共用倉庫に変更出来ます。
■直圧式・増圧式
水道部への事前確認が必要です。使用水量や水道圧力によって選択します。(上写真は増圧式)

工程写真



配管改修工事

   
■雨水配管引き替え
地盤沈下や地震などで配管が割れたり、抜けたりする事があります。異常を発見したら、すぐに調査を依頼して、改修工事を検討しましょう。 排水漏れによる地盤の沈下など二次災害の危険があります。
工程写真
■会所取替
コンクリート製の会所は経年劣化や地盤沈下で、接続部から漏れたり、会所の底が抜けたりする事があります。 上記同様、異常を発見したらすぐに対処しましょう。現在は樹脂製の会所が主流です。
■その他配管
住宅には上下水配管、ガス配管、電気配線、配管と様々な配管があります。定期的に点検とメンテナンスを実施する事をお奨め致します。

工事で使用した塗料の空き缶

   
   
   
   
  • 改塗装工事の流れ
  • マンション改修工事
  • マンション改修Q&A
  • 所在地の案内
  • 住まいの基礎知識
  • リフォームの流れ
  • お役立ち情報